ブログ

インテルの新たな歩み

2024年 6月 7日

2024年3月21日、米政府はインテルに日本円で1.3兆円ほどの支援をすることが報じられました。
インテルといえばパソコン等に搭載されるCPU製品などで世界的に有名です。
CPU・GPUなどの先端半導体は製造分野でも注目物資となっています。
2024年3月下旬執筆現在、端末側にもAI活用に特化した性能を持つCPU・GPU製品が発売されています。
インテルも生成AIのトレンドに合わせて、「Core Ultra」というチップを開発・製造しました。
搭載したパソコンはAIパソコンとも呼ばれます。(2024年3月執筆時点)
現在のところ日本のPCメーカーでこのCore Ultraを搭載したノートPC製品を発売しているのはdynabookです。
他にも海外のPC製造大手などでは、米デルや米HP、台湾ASUS、中国レノボからは、
直販でいち早くインテルのCore Ultraを搭載した新しいノートPCを発売しています。
日本の大手PCメーカーブランドのCore Ultra搭載製品も今後発売されることが期待されます。

インテルCore iシリーズの終わり
PCのCPUで圧倒的なシェアを誇っていたインテルのCore iシリーズ製品は、
インテルが新たにCore Ultraが発売されたことで、「Core」は引き継がれていくものの、
「Core i」シリーズブランドは終了する予定となることとなっているようです。
今後はCore Ultraというブランド名で進化していくものと考えられます。

インテルは他にも2023年1月にCeleronやPentiumなどの廉価版CPU製品のブランドも終了させる方針を示しました。
これに代わる新ブランドとして、インテルプロセッサーNシリーズを製造・発売していくことを発表しています。
このNシリーズ「N100」チップは低価格パソコン向けの新しいCPU製品です。
このN100チップを搭載したミニPCなどの製品の価格は2万円前後からとなっており注目されてもいます。
ワードやエクセルなど基本的なソフトを操作する分には十分な性能があると言われており、
コストパフォーマンスが高いといいます。

重要なEV、再生可能エネルギー、水素関連の開発

2024年 5月 17日

中国メーカーのEVが存在感増す
BYDなど中国のEV販売が存在感を増してきています。
BYDのEVの2023年の年間販売数は300万台を超えたといいます。
日本でもBYDのEVが発売されています。

日本、欧州、米国の自動車販売状況
2023年の、日本国内でのバッテリーEV電気自動車の保有率は2%弱といったところです。
今後の自動車製造事業はEVが主流化するとの話題が活発です。
ただ欧州や米国などではハイブリッド車が価格面・燃費等機能性面で見直されているといいます。
日本ではハイブリッド車は4割強、5割近く普及しています。
電気自動車の各国市場での普及は開発・製造、販売戦略に各自メーカーの工夫がより一段と必要となっていると考えられます。

今後中国でグリーン水素生産が本格化か
中国の内陸部には日照条件の良い広大な陸地があります。
その陸地で太陽光発電などの導入が本格化していくようです。
中国国内で得られる豊富な再生可能エネルギーをより生かした取り組みが加速しそうです。

日本国内でも話題となりましたが太陽光などで得られる電力が供給に至らず、生かすことができない事例がありました。
日本国内では供給網の不足や既存の電源との電力の需給調整のためにやむを得ず行われた事例であると考えられます。

中国の場合は一番大きな課題は電力を生む内陸部と多くの電力を消費する都市部との距離にあるといいます。
蓄電池などの設置をして電力を貯めたり・消費したりする工夫も重要であるとも考えられますが、
中国では、太陽光・風力などの再生可能エネルギーで水の電気分解によってグリーン水素を得る水素の量産化事業が今後本格化するといいいます。
グリーンな水素を量産しパイプラインで供給網をつくれば、再生可能エネルギーをより生かすことができると考えられます。

米国や日本などではAI・AI半導体製造関連の企業が牽引するかたちで株価が伸びています。
半導体製造装置や素材、化学で先端半導体の製造を支えているメーカーが日本に存在しており、
さらに先端半導体製造世界一のTSMCが熊本に製造拠点を設けて日本メーカーとの相乗効果も期待されており、投資が促されています。
ただ、長い目で見ると再生可能エネルギーの普及やバッテリーEVや燃料電池車などのクルマの製造・開発の状況もより重要性を増していくとも考えられます。

アクリル銘板UV印刷

2024年 5月 10日

アクリル銘板のUV印刷、耐久性があり、鮮明な画像が得られるため、多くの用途に使用されています。以下、そのプロセスや特徴について簡単に説明します。

UV印刷のプロセス

1.デザインの準備: アクリル板に印刷するためのデザインを準備します。このデザインはデジタル形式でなければならず、高解像度であることが重要です。

2.印刷機への設定: アクリル板をUV印刷機にセットし、印刷プロセスを開始します。

3.インクの適用: UV硬化インクがアクリル表面に吹き付けられます。このインクは特別に設計されており、UV光によって硬化します。

4.UV光硬化: インクがアクリル表面に適用された後、UV光がインクに当てられ、数秒でインクが固まります。これにより、耐水性や耐久性が向上します。

UV印刷のメリット

・耐久性: UV硬化インクは非常に丈夫で、水や紫外線に強いため、屋外での使用にも適しています。

・高品質な画像: 高解像度でクリアな画像が印刷でき、色の鮮やかさが保たれます。

・即時硬化: UV光によってインクがすぐに硬化するため、生産速度が速くなります。

・環境に優しい: 有機溶剤を使用しないため、VOCの排出が少ないです。

アクリル銘板にUV印刷を行う際は、使用するインクや印刷機の種類によっても仕上がりが異なるため、プロジェクトのニーズに合わせて選択することが大切です

アクリル銘板のUV印刷のイメージ画像です。鮮やかな色彩と高解像度のグラフィックが特徴的で、会社のロゴや芸術的な要素が含まれています。アクリルの表面は滑らかで光沢があります。

 

 

 

ダイハツ・ルネサス・トヨタ、それぞれの新しい体制と取り組み

2024年 5月 3日

ダイハツ工業の新人事
ダイハツ工業の経営陣が2024年3月1日付で刷新されることが判明しています。
代表取締役社長にトヨタ自動車から井上雄宏氏が、
代表取締役副社長にトヨタ自動車から桑田正規氏が、
非常勤の取締役にトヨタ自動車カスタマーサービス推進本部から柳景子氏が新たに就任します。
新しい経営陣・役員人事については2024年2月13日にダイハツが自社ホームページで公表しています。

ルネサスエレクトロニクスが米ソフトウェア開発企業のアルティウムを買収することが報じられました。
米アルティウムは、半導体を搭載する際に使われる電子基板の設計ソフトウェアを手がける会社です。
高性能な半導体を製造し、売り切りで販売するスタイルだけではなく、
半導体を搭載するメーカー側にも自社製品で半導体の独自設計ができるスタイルを提供していくことが、
今後より必要となってくると判断し、ルネサスエレクトロニクスが今回電子基板のソフトウェア開発会社、米アルティウムを買収する判断に至ったといいます。
ルネサスエレクトロニクスの米アルティウム買収額はおよそ8800億円になると報じられています。

ルネサスエレクトロニクスは日本のクルマメーカー大手企業と車載向けSoC(システムオンチップ)半導体の開発で協業することも報じられています。
先端半導体が将来電気自動車の新製品に搭載されていくことを想定すると、
システムオンチップの共同開発や半導体搭載基板設計ソフトウェアの企業買収などルネサスエレクトロニクスは重要なステップを経ていると考えられます。

トヨタ自動車は自社工場内に水の電気分解で装置を設置してグリーン水素をつくり、
工場内でその水素を使って活用していく計画であるともいいます。
自動車としては、燃料電池仕様車も重要な技術であると考えられます。

島国である日本の脱炭素化に向けては、燃料と電気を賢く賄う必要があるであろうと考えられます。
再生可能エネルギーが、地域の大手電力会社の需給バランスをとるため、
出力制御で活用できない余剰電力が発生した地域もあるようです。
送配電網と電力を貯めておくことのできる蓄電池・蓄電システムの配備も必要となっているようです。

水素利用、GX経済移行債について

2024年 4月 19日

水の電気分解で製造する水素
水に電気を流すと水が電気分解されて水素と酸素が発生します。
この原理を活用した水素の製造方法がトヨタ自動車などの大手メーカーで研究・開発が進んでいるようです。
トヨタ自動車と千代田化工建設は2024年2月5日、水素の製造システムを共同開発することを発表しました。
2025年度からトヨタの本社工場で実証実験を開始し、2027年度頃にシステムの外販を目指すといいます。
この2025年度から開始する実証実験でトヨタ自社工場内での水素の活用を開始する計画です。

製鉄に水素の活用などを国が支援
2024年2月上旬、GX(グリーントランスフォーメーション)経済移行債の発行について報じられました。
日本政府が2023年度から10年間で総額20兆円規模のGX経済移行債を発行して脱炭素化へ向けた実際の研究・開発を支援する計画であるようです。
2024年2月上旬時点でこのGX経済移行債の主要な支援対象に製鉄工程の水素活用や電気自動車搭載向け蓄電池、
次世代半導体などの研究開発等がなっていることが明らかとなっています。
水素・次世代車載電池・次世代半導体は日本の製造業の将来を左右する重要な製品であると考えられます。
まずは水素の調達・量産を目指した取り組みが2020年代後半から加速しそうです。
また、製造業の中で製鉄が製造過程で大量の二酸化炭素を排出していることが課題視されています。
脱炭素社会の実現に向けて、脱炭素電源で電気を調達すること、水の電気分解で水素を調達すること、
燃料を水素に徐々に代替していく技術の実用化・実現などが目下熱い課題であると考えられます。

来るべき電気自動車の普及時代
電力供給が脱炭素化へ向かえば、自ずと電気自動車バッテリーEVの本格的な普及の将来が現実的となってきそうです。
脱炭素化へ向けた具体的な取り組みは大手メーカーによって示されてきています。
いきなり電気自動車へ舵を切りすぎると電気自動車への必要電力供給量が増大し、電気の需給バランスをとる現実の課題が浮上すると考えられます。
電気自動車化に一気に振れると、電力供給網が弱い国や地域では問題が出てくるとも考えられます。
そうした場合に、現実解として水素の燃料としての活用、水素燃料電池車の活躍、
脱炭素化電源の主力電源化がまずは基礎として必要となり改めて考えさせられるのではないかと考えられます。

2024年初め、スマホ・アップルのVision Proについて

2024年 4月 5日

サムスン、ギャラクシーS24シリーズ発売
2024年1月韓国のサムスンが新しいギャラクシーS24をまず海外で発売しました。
このS24にAI機能を搭載して、通話中の機能に即時通訳機能を追加しました。
日本国内での発売は少し後になるようです。
今後AI機能の充実によってスマホの進化がまた進んでいくことが想定されます。

2024年1月、2023年のスマホの世界販売台数シェアでアップルのiPhoneがサムスンを初めて抜き世界首位となりました。
サムスンはいち早く端末側にAIを搭載して巻き返しを図るようです。
アップルのiPhone15シリーズは背面カメラの解像度が最大4800万画素、
端子口がUSB-Cに刷新され、これらの機能を待望していたユーザーには良い意味で話題となっています。

米グーグルや韓国のサムスンや中華系のスマホ
米グーグルや韓国サムスン、中国のオッポなどから発売されている折りたたみスマホが一部のユーザーで支持されています。
日本ではiPhoneの人気が底堅いです。
ですが2023年では折りたたみスマホの世界の出荷台数は700万台超あったと分析されています。
折りたたみスマホは2024年、2025年で劇的に増えていくと見込まれているようです。
折りたたみスマホはグーグルやサムスンの製品では価格が20万円を超える高級機種となっています。
そんな中、中華系のスマホ、オッポのスマホや折りたたみスマホも割安でコスパが良いと話題になっています。

米アップルのゴーグル型端末、Vision Pro2024年発売
2024年1月下旬執筆現在時点でガジェット系のYouTuberがアップルのゴーグル型端末、
Vision Proの予約をする動画が投稿されています。
日本円で約50万円ほどする高級デバイスです。
アップルは米国で2024年2月2日に発売する予定となっています。
このVision Proは空間コンピュータとも呼ばれ、従来のIT機器の使い方を新たに刷新する可能性を秘めているかもしれません。

生成AIとパソコン、自動車の近況

2024年 3月 15日

CES2024での生成AI関連の発表
CESの一般公開を前に、ソニーグループとホンダが出資している、
EVの開発会社ソニー・ホンダモビリティーが米マイクロソフトと提携することが発表されました。
内容としては、開発中の新車種AFEELA(アフィーラ)にマイクロソフトのクラウドを介して生成AI、ChatGPTを使える機能を組み込むといいます。

ホンダはカナダにEVの製造工場を新たに設けることが報じられています。
北米で製造された自動車は米国の電気自動車の購入補助の対象となる可能性があります。
また、ホンダは米国でのEV向け車載電池をLGから、
中国でのEV向け車載電池を中国のCATLから調達する計画が決まっています。

AIパソコン
パソコンでは米デルコンピュータや米HP(ヒューレットパッカード)、中国のレノボなどがWindows機の生成AIコパイロットの機能を組み込んだ、
いわゆるAIパソコンと呼ばれる製品を2024年発売する計画であるといいます。
2023年12月にはインテルのAI半導体「Core Ultraシリーズ」が搭載されたデルのノートパソコンが発売されています。
価格も高すぎることもなく直販で手に入れやすい価格で発売されています。
今後生成AIに適したパソコン製品が次の商機として続々と発売されていくようです。

AI半導体も開発競争が加熱
米エヌビディアが生成AI向け半導体製造で世界首位となっています。
その背中を追うように米AMD(アドバンスド・マイクロ・デバイス)や米クアルコム、米インテルなども、
端末に組み込むことができるAI半導体製品を開発しており、供給がなされる見込みです。
今後開発は高性能化や省電力機能強化などが進みそれぞれの製品がそれぞれの優位性を持てるような形で開発競争が加熱していくと考えられます。

自動車に関しては米国や中国等の国外からバッテリーEVへと製造がシフトすることが現実的となってきています。
トヨタ自動車やホンダが北米でのEV向け車載電池の調達のメドをつけています。
2020年代後半までにはようやく日本の自動車メーカーがEV製造で本気を出せる環境が整ってきていると考えられます。

AI半導体、明らかにされたダイハツの問題について

2024年 3月 1日

成長余地のあるAI半導体
生成AIで活躍しているエヌビディアのGPUなど、いわゆるAI半導体の開発競争が活発化しています。
生成AIで有用であると判明しているエヌビディアのGPUグラフィックス・プロセッシング。ユニット。
エヌビディアのGPUは元々ゲームの画像処理に使われる製品です。
2023年12月執筆現時点で、エヌビディアのAI半導体の課題は電力の大量消費にあると指摘されるようになってきています。
生成AIの最適化されたAI半導体の開発がエヌビディアを追うメーカーでも見られるようになっています。
AI半導体づくりに携わる技術者・有識者は、今後より電力効率を上げた設計・AI半導体としての最適解を追い求めていく模様です。

ダイハツの新車の安全性を確認する試験で不正が判明
2023年12月下旬、ダイハツは安全性を確認する試験で不正をしていたことを明らかにしました。
記者会見でダイハツの社長は全工場の稼働を停止することを表明しました。
不正は25の試験項目、国内で現在生産・開発中の28車種すべてで判明しているとのことです。
ダイハツの主力商品といえば軽自動車の車種です。
軽自動車は日本特有の開発車種で、日本国内の新車の4割を軽自動車が占めていると言われています。
ダイハツは日本国内2022年度において、軽自動車の約33%のシェアを占めているといいます。
リコール対象車の割り出し、リコールについては随時不正の実態調査とともに今後検討していくようです。
クルマの安全性は人命にも関わる重要なことで、これからの調査で一つ一つ着実に解明し、
解決に向けて取り組んでいくことが望まれます。
クルマは電動化に向かう開発の最中です。
不正の問題の膿を出し切って、ダイハツも軽自動車の電動化へなんとか軌道に乗せてくれたらと考えます。

ダイハツはトヨタとの結びつきも強いので問題や課題の割り出し、着実な解決に向かって、
トヨタの技術者にも協力してもらえたら良いのではないかと考えます。
新車の販売再開に向けては明るみになった問題が30年近くも続けられていたとのこともあって、
難しい課題が多くあるのではないかと考えられます。

日本食品機械工業会

2024年 2月 29日

日本食品機械工業会(略称:日食工、英語名称:The Japan Food Machinery Manufacturers’ Association)は、日本の食品機械製造企業を主な会員とする業界団体です。この団体は、食品機械工業の進歩発展を図り、日本産業の振興と国民生活の向上に貢献することを目的としています。正式には一般社団法人として組織され、東京都港区に本部を置いています​​。

日本食品機械工業会の活動は、食品製造プロセスを通じて食品産業の活性化促進、安全・衛生的な商品の提供、国民の食生活の向上に寄与することを目指しています。主催する「FOOMA JAPAN」は、食品製造プロセスに関わる機械・装置全体を網羅した総合展示会であり、この展示会は食品産業界の多様な課題解決と出展社のビジネスマッチング加速に貢献しています​​​​。

1948年に全国食糧機械製造業者懇談会として発足し、その後名称と組織形態を変えながら現在に至っています。事業内容には、食品機械の安全・衛生化推進、技術開発・研究調査、展示会事業(FOOMA JAPANの開催)、人材育成事業、国際交流・輸出振興事業、広報・出版事業などが含まれます​​。

FOOMA JAPAN 2024は、「Breakthrough FOOMA」をテーマに、食品製造に関する最新のソリューションを提供する世界最大級の食品製造総合展として位置づけられています。この展示会は、新規顧客獲得や営業売上向上に直結する施策を多数用意し、毎年10万人規模の来場者を迎えています。また、出展価値の最大化やデジタルトランスフォーメーション(DX)化への取り組みも進められています​​。

公式ウェブサイトでは、最新のお知らせや各種案内、会員に関する情報が提供されており、食品機械産業に関心のある個人や企業にとって貴重な情報源となっています​​。

 

アクリル銘板へ

 

 

乾燥精米調製施設

2024年 2月 28日

乾燥精米調製施設は、収穫された稲から水分を適切に除去し、精米処理を行うための設備や施設のことを向きます。このプロセスは、収穫後の稲の品質維持し、長期保存を乾燥と精米のプロセス、米は消費者が食べる準備が整います。

乾燥工程

乾燥工程では、稲や籾(もみ)の水分を安全な保存水分量まで減少させます。この水分量は一般的に14%から15%の範囲です。乾燥は自然乾燥や機械乾燥によって行われます。機械乾燥の場合、熱風乾燥機などの設備を使用して、効率的に水分を減らします。

精米工場

精米工程では、乾燥された籾を脱穀し、玄米にします。 その後、玄米を精米機にかけて、不要な外皮や胚芽部分を取り除いて、白米にします。 精米度合いは、消費者の好みや用途に応じて調整させていただきます。

設備の構成要素

乾燥精米調製施設には、以下のような設備が含まれます。

乾燥機:稲や籾の水分を効率的に減少させます。

脱穀機:籾から玄米を取り出す。

精米機:玄米から白米を選ぶ。

品質管理装置:水分計や色彩選別機など、米の品質をチェックする装置。

重要性

乾燥精米調製施設は、米の品質管理において重要な役割を果たします。 正しい乾燥と精米処理により、米の風味や保存性が向上し、最終的な消費者への品質保証に繋がります。 、効率的な設備投資により、生産コストの削減や作業効率の向上も図れます。

このような施設の設計や運用は、地域の気候条件、収穫量、市場のニーズなど、多くの犠牲を並行して行われます。

ライスセンターの参考フロー図銘板

 

アクリル銘板へ