プレカット設備用

2014年 7月 22日

各種銘板-青H250

木造建築の構造材の柱や梁の継ぎ手、仕口などの加工を現場 施工前に行うプレカット。

建築の木工事部分の原材料を設計図のCAD入力と連動させ、機械によって加工されます。伝統的形状を機械加工で

加工を施す。 木造軸組工法を現場での施工の合理化,標準化をはかるプレカット設備に取り付ける各種銘板の製作。

 

meiban-01

671-meiban

木材加工関連の設備機械の銘板

・強度実験装置
01kiyoudo-shiken
・プレカットライン
02-precut
・端部加工装置
03-tanbukakou
・ライアル加工機
04-ryal-kakou
・マーキングクロスカットソー
05-marking
・製材機
06-seizaiki
・木材加工ライン
07-mokuzai-kakou-line
・プレーナー設備
08-planar

 

<プレカット>

◆木造建築住宅における構造部材の仕口加工などを、住宅建築の施工前に工場で原材料を切断したり木質建材しておく設備。

◆建築現場での 加工作業を減らし、構造部材の加工精度の高い柱や梁、羽板材、パネル等を生産する木材加工工場設備。

◆木造建築住宅の設計から木質建材の構造部材加工まですべての行程でコンピューターを取り入れた新しい木材加工技術。

◆平面図や立面図等を基に加工データをCAD入力し、 CAMに転送されたデータに従って木材の長さ、幅、高さなどを正確に加工。

◆木造建築住宅の柱や梁の継ぎ手、仕口を従来は墨付けに従って職人が手工具で加工していたものをCADと機械で行ないます。

◆木造建築住宅の工期短縮や、加工精度向上において現在、木造住宅の工事現場の ほとんどで、プレカット材が使われています。

プレカット設備関連の各種銘板製作