集塵装置用事例

2014年 7月 2日

各種銘板-青H250 大気の清浄化を目的として汚染物質としての気体粒子や液体粒子を除去するための集塵機。 気体中に浮遊する粉塵などを集めて取り除く装置。製造工場内の切断、切削、払い落とし等で舞い上がる粉塵を 、吸引、 ろ過する働きをする設置、バグフィルターや電気集塵機、など各種集塵機に取り付ける銘板の製作。   meiban-01 671-meiban   <集塵機> ◆ノイルフト式電気集塵機・・・薄い金属板の放電電極にマイナスの直流高電圧を荷電。集塵電極の表面に引きつけ捕集。 ◆工場集塵機・・・金属加工工場、機械加工工場の作業工程から発生する粉じん、ミスト、有害ガス及び悪臭を除去。 ◆有害ガス処理装置・・有機溶剤取扱作業、化学・食品工場,コンポスト施設などから発生する有害ガスを無害化処理。 ◆湿式集塵機・・・粉塵を含んだガスを気液体混合させ気流を直接水と効率的に接触させることで粉塵を捕集 ◆電気集塵機・・・汚れた空気に含まれる各種ダストの微粒子に電荷を与え、集塵極に引き寄せダスト捕集する集塵装置   <用語> ◆汚染物質・・・生産工場や社会活動により 排出される各種廃棄物質中,環境を汚染する有害物質。 ◆気体・・物質の集合状態のひとつ、圧縮レに対する抵抗が小さく、膨張は無限に体積を大きくしようとする。  ◆素粒子・・・物質を細分化していって、最後にたどりつく究極の粒子のこと ◆粉塵・・・空気中に含まれる非生物体の固体 粒子。粉のように細かく気体中に浮遊するちり状の固体の粒子。 ◆バグフィルター・・・フィルタを用いて粉塵をろ過するタイプの集塵機、ばいじん、有害ガスなど除去する。 ◆有機溶剤・・・物質を溶かす性質を持つ有機化合物。塗装、洗浄、印刷等の作業に幅広く使用される。