あれこれ

水処理インフラ

2022年 9月 23日

上下水処理や産業用水などの水関連市場の規模拡大、人間の生活や産業等の諸活動の為に利用可能な限りある水資源の再配分、地球環境保護の観点からも水ビジネスは、地球環境保護の観点からも大きな意義があります。
世界の水処理システムのインフラの上下水道の運用を、IoTやAIなどのシステムで管理することで膨大なビッグデータを得ることができます。報道によると水インフラは、世界的な規模で大きなビジネスチャンスとして注目されている、水ビジネスに伸び代を感じている企業が多数あり、参入し始めています。

<水処理関連銘板事例>

<水処理フロー図例>

プラスチック成型

2022年 9月 20日

CO2 排出規制導入と燃料価格高騰の影響を受けて、工業製品を生産した地域で使用する地産地消型サプライチェーンへと移行が拡大しています。電気自動車(EV)の生産で世界規模の影響を最小限に留めることのできるサプライチェーンを構築で設備投資の拡大が期待されます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)化に対応するためDXソリューションの製品開発が日本の強みになる報道があります。

周辺装置の銘板事例

アナログ目盛板

2022年 9月 19日

アナログ目盛板は数位等が常時変動している情報をそのまま表すことが可能。デジタルで表現できない目当ての定まらない数をそのまま表現し感覚的に理解できる、元の情報を本来のかたちに近い状態で読めます。
照光式目盛板は昼夜を問わず遠くからも目盛りを確認することができるため
デジタル化の時代でも使用されています

プラント

2022年 9月 17日

プラント・インフラ保安
センサー機器、駆動装置等のモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)の科学技術が目覚ましい進化を遂げています。最新の科学技術の設備インフラ設備の保全・保安の取り組みが広がりつつあります。①人工知能(AI)によって比較検証・分析され、技術が進歩 ②インフラ設備間や部門間のデータがつながり ③人とAI、人とロボットがつながり、生産者等とつながり インフラ保安を有効活用されることにより、技術革新、生産性向上が日本の新たな強みになると言われています。

<プラント銘板事例>

制御装置

2022年 9月 15日

制御盤は産業機械装置やFA工場などの操作制御を担う重要な役割を担っています。IoTやAIなどデータとデジタル技術を活用して高付加価値化しています。

日本工業規格の銘板設計基準では、機械器具類に取り付ける銘板の設計基準について規定する。 備考 この規格でいう銘板とは,金属,プラスチック又は紙を素材とし,必要な事項を容易に消えない方法で表示したものと定義されています。

全固体電池

2022年 9月 12日

電子部品メーカーが電池事業を強化。小型リチウムイオン電池や全固体電池の新製品開発が活発化、総合経済対策で、全固体電池の研究開発に生産開発補助の検討されています。次世代電池として期待される全固体電池で優位に立つべく取り組まれています。

電気自動車で採用が期待される全固体電池の世界市場拡大が期待できます。全固体電池実用化に向けて研究や開発を進め活発化されています。

<電池材粉粒体処理機械銘板>

次世代電池として期待される全固体電池で優位に立つべく取り組まれています。

タンク検査済証

2022年 9月 9日

危険物の法令で定められている検査」に合格した際、交付する金属プレート状のタンク検査済証に検査方法、検査番号、検査年月日を打刻するタンク検査済証。標識・掲示板については、貯蔵し又は取り扱う危険物の数量及び品名又は名称を記載した場合は、タンク群ごとに一括して設けることができる。タンク底部における「漏れ」、「変形」設計不備による強度不足、溶接の不具合、溶接による材料脆化、残留応力に起因する脆性破壊などの検査が法令で定められています。

<事例>

 

材料混合機

2022年 9月 2日

2種類以上の材料様々な攪拌翼で機械的にかき混ぜる混合機、物理的と化学的にも必要なレベルの混合状態にする機械。繰り返し使用することが出来る二次電池などの製造で用いられています。企業にとっての最重要課題となっているDX(デジタルトランスフォーメーション)化で進化しています。

建設機械

2022年 9月 1日

建設DX(デジタルトランスフォーメーション)に期待が集まっています。インフラ分野の生産性や安全性の向上を図るために、インフラ DX の取組みを推進されている。安全・安心で豊かな生活を実現すべく、生産性を上げて魅力ある業界にすることが必要とされています。

3年停滞で需要増幅期待

2022年 8月 29日

アクセルとブレーキを交互操作のまだら模様が続き生産調整が長引いている昨今、コロナ禍の停滞の反動から設備投資の潜在需要が増幅しているようです。省人化機器類、生産用機械、電気機械など日本の高い技術に期待が高まっています。

<銘板事例>産業機械