機械銘板とは

2017年 7月 10日

機械・装置等の製造者、型式、製造年月日、用途などを表示する銘板。

アクリル・アルミ・真鍮・シール等に仕様・操作方法などの項目が容易に消えないように製作した銘板。制御盤や電機設備はオリジナリティーが中心のため、多品種小ロットに対応できるCADを利用したNC彫刻方法が適しております。

ダルマ銘板・タンザク銘板・タイトル銘板・エッチング銘板・矢印銘板・指針・目盛銘板・装置樹脂部品

 

<アクリル、アルミ、機械銘板>
機械銘板の製作工程CADソフトウェアーで作図NC彫刻機で大板から彫刻と切抜きラッカー充填して完成します。彫刻から切抜きまで同じ機械で同じ座標値で製作するため、文字・ライン・切り抜き等のずれのない精度ある機械銘板及び部品が出来上がります。NC彫刻の場合は原版代はかかりません。

<ステンレス、真鍮、エッチング機械銘板>
イラストレーターで原稿作成、校正後フイルムに転写、フィルム通光線照射露光転写しステンレス・真鍮の表面を溶解する薬剤によって文字やラインを凹凸食刻させ、塗料を充填し、焼付処理、プレス処理して製作します。耐久性、対候性、油汚れ、有機溶剤に強い、高級感と存在感、独特の質感があり耐用年数が最も長い銘板製作方法です。

<シール銘板>
凸版にインキを付着させて、シール素材に直接印刷する方法。表面に透明のフィルムを貼るラミネート加工で印刷面の保護します。

<トップページに戻る>