製造業ニュース

企業のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入が進んでいる

2018年 6月 22日


(画像、イメージ)

RPA「Robotic Process Automation」ロボティック・プロセス・オートメーションとは
「ロボティック・プロセス・オートメーションとは認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能など)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取り組みです。
人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われています。

RPAの将来
機械学習・人工知能等のRPAを構成する要素技術の発達により、今後より一層ホワイトカラー業務の効率化・自動化が進むと予想されています。
定型作業については人間の介在無しにRPAにより業務が完結できるようになり、さらに、人間の判断が必要とされる非定型作業の自動化も実現されると考えられています。
オックスフォード大学の研究によると、今後おそらく10~20年程度でアメリカの47%の雇用が自動化される潜在的な可能性があると推測されており、RPAが社会に与える影響は大きなものになると考えられています。
特に日本では、生産年齢人口の減少も相まってさらなるニーズが出てくることが予想されています。」
(「」、ロボティック・プロセス・オートメーション、RPAの将来 Wikipediaより引用)

ホワイトカラーとは
「ホワイトカラーとは一般には頭脳労働をする人、背広・ネクタイ、主に白に近いワイシャツ姿で仕事をする総合職の人のことを言います。
ホワイトカラーの対義語として肉体労働を指すブルーカラーが挙げられます。」
(「」、ホワイトカラー、Wikipediaより引用)

日本国内でも事務業務の代替として企業が上記のRPAの導入を進めています。
先日筆者は移動中の駅の書店で素人向けのプログラミングの書籍を購入しました。
驚いたことにそのプログラミングの書籍には10年後20年後に無くなるかもしれない職種が参考として挙げられていました。
筆者は現在文章を書くことをお仕事としていますが、もう少し成長したいと考えていて最近プログラミングの書籍やWeb制作の初心者向けの書籍を積読しています。
そして筆者はさらに日本経済新聞の記事にも衝撃を受けました。
それは上記のRPAを導入・採用している企業がどんどん増えてきているという記事にです。
未来的にはRPAや人口知能AIの活用は欠かせなくなるともいいます。
ポジティブな面として捉えるとRPAを導入して働く人の労働の時間と内容を革新していくことができると考えられます。
ネガティブな面としては将来、人の仕事が無くなることが出てきてしまうと考えられます。
RPAの導入がいま、日本の企業の仕事の中で進んでいることは重要な現実であり、念頭に入れておく必要がありそうです。

筆者は自分の仕事の意義について自問自答しています。
情報はユーザーの方々によって現代においてIT機器などを通じて検索され、引き出されます。
筆者は自分の仕事を通して何か役立つ情報を自らも発信できないか、と考え・模索しています。

ペットボトルもデザインが大事

2018年 6月 19日


筆者は最近お勤めにお湯を沸かしていれたお茶をペットボトルに入れて持参し飲んでいます。
ラベルを剥がした状態のペットボトルです。
ですのでペットボトルの成型したかたちがよくわかります。
持ち歩きや携帯に便利なほうが良いので、もとは500ml入りサイズのペットボトルに自宅でつくったお茶を入れて使っていましたが、現在ではより小さいペットボトルを使っています。

先日筆者は自宅近くのセブンイレブンでevianを購入しました。
evianは天然水です。
evianのペットボトルは成型したデザインが良くてひそかに感動しました。
南アルプスの天然水もセブンイレブンで買ったりします。
南アルプスの天然水のペットボトルは環境負荷低減を目的として植物由来成分を使った薄い・軽量のペットボトルであると考えられます。この点がすごいところです。
ですが上部をきゅっと持つと凹みやすくなっていて片手で持ったり・飲もうとしたりすると落としそうで少し危なかったりする経験もしています。
キリンの生茶のペットボトルも丸みがあってなかなか良いデザインだと感じます。
ペットボトルの中には冷・温両方対応のペットボトルもあります。

プラスチック製品は成型するデザインも大事かと考えます。
筆者は性能や成分だけでなく薄さ・重さ・大きさと形でそれぞれの飲料メーカーや商品によって違いがやっぱりあると感じています。
プラスチックの恩恵はペットボトルだけではなく、さまざまな部品や100円ショップの製品やホームセンターの生活用品など本当に幅広くもたらされていると筆者は感じられるようになりました。
昔はビンビールだったビールもアルミ缶で売られるようになっていますし、しょうゆなど調味料の容器もプラスチックへと変えられたりしてきています。筆者も魚のお刺身のしょうゆは現在押して出すプラスチックのボトルです。同じスーパーに通い続けていても、やっぱり何気ないところで何気なく商品のかたちも変貌してきているのだなと感じます。

スマート家電について考えること

2018年 6月 15日


(画像、クラウドイメージ)

クラウドは英語を直訳すると雲です。
現代のクラウドという言葉はクラウドコンピューティングをも意味します。
雲は水分でできてます。自然界の水分は水蒸気として蒸発して上空に集まり雲となります。
そして雲は恵みの雨を降らせます。暮らしには欠かせない水を得られます。

上記のような自然界の捉えかたや資源の循環をテクノロジーに生かす発想として、クラウドという言葉が使われた・生まれたことは素晴らしいです。
Wikipediaによると2006年、GoogleのCEO、エリック・シュミット氏による「クラウドコンピューティング」の言の影響で、この言葉は2006年から2008年頃にかけて普及したそうです。

情報の集まり(クラウド)は今後極めて優れたAIによって整理・管理されることによって、役立つ情報(水)を得られる環境へとますます整備されていくのではないかと考えます。

今年創業100周年を迎えたパナソニックは製品開発の異業種との融合を新しい未来に向けて計画・発信しています。異業種との融合という視点ではコンシューマーエレクトロニクスショー(CES)2018でプレゼンテーションをしたトヨタ自動車の計画・企画と似ているとも筆者は感じています。
車載用製品の製造で組んでいる両社には共通したところのある視点が生まれることもありうるのかもしれません。

家電がIoT化する・そしてそれを活用することが想定される将来に向けて筆者はクラウドの環境構築は大切になってくると感じています。筆者は人の生活や人の発想・知恵を支える存在として優れたAIとクラウドは重要なポジションを占めると感じています。
家電やいろいろな製造のメーカーでもこのクラウド環境を上手につくり、暮らしに生かすことのできる新しい生活をデザインしてほしいと期待しています。

製造に関する製品の発明はいつも人の身近な存在のものを革新してきました。
現代の生活は製造に関する製品の発明無しでは豊かな暮らしには成り得ません。
けれども、昔の自然環境と現代の生活とを比べてどちらが豊かかと聞かれたら解答に困ります。
豊かさとは何か、よく考え直していく必要があるのだと筆者は考えています。
簡単に昔のような豊かな自然環境は取り戻せないでしょうし、バブルの時代のような豊かさを取り戻そうとすることもどこか違っている気がします。

海苔の不漁対策

2018年 6月 12日


TVで見た海苔の不漁、色落ち対策について
川から沿岸に流れてくる栄養・栄養塩が不足してきたことが原因で、淡路島沿岸の海苔が色落ちして不漁になったそうです。
この問題に直面した地元の漁業関係者の方たちは淡路島にあるため池に目を付けました。
ため池には栄養塩の入った腐葉土の泥が底にたまっているからです。
このため池の泥を海に向かって流れている川に流し込むことを考え出しました。
沿岸の海の栄養・栄養塩を補う対策は海苔の色落ちに悩む漁業関係者の助けになるそうです。
そしてため池の腐葉土の泥をさらって川に流し込むことで池のメンテナンスにもなり、農業関係の方にもメリットがありました。
ということで農業関係者の方の許しを得て、漁業関係者の方たちがため池にたまった池の底の腐葉土の泥を海に向かって川に流し込んでみた結果、見事に海苔が黒く育って良い結果が得られました。

このことは、川から海に流れ出す栄養・栄養塩がいかに沿岸の海の環境にとって大事かということを知らされる結果となりました。栄養・栄養塩が沿岸の海の環境に必要と一言で言っても科学的にはたくさんの問題や課題があると想像されます。

筆者は以前にも、沿岸の海辺の環境についてとり上げた記事を書きました。
科学的に・具体的に、川や河口や沿岸の海をどう環境整備すればよいかは現在抱えている大きな地域の問題の1つであると筆者は考えています。
川、河口、海の環境保全・環境つくりの答えはそれぞれの地域・地方によってそれぞれに導き出されてくる答えがあり、答えはさまざまで1つではないと考えます。いろいろな側面の答えがあるかと考えられます。

農業や漁業で生活している人たちはその本業でなんとか生計をたてて生活していかなければなりません。
川、河口、沿岸の海のよりよい環境をつくりだしていくには、さまざまな第三者的な科学的な専門家や研究者の方の協力も必要であると考えます。
上記の淡路島の海苔の不漁対策は海苔の漁業の当事者の方たち主導で農業関係の方の協力もあって実現したものです。
しかし、農業や漁業の当事者の方たちだけではどうしようもない場合には、当事者の方たちだけではなく国や自治体・研究機関が科学的に分析したり・サポートしたりしてあげることが必要になることも多くあるのでないかと考えています。
日本国内でもそれは多くの場所であると考えます。

PC使用で使うマウスについて

2018年 6月 8日

 

筆者の所有する最新のノートPCはWindows10のノートです。
マウスは付属でBluetooth方式のものが購入時に付いていました。
PCにBluetooth方式が標準搭載されています。
使うようになってから1年もたっていないのですがこのBluetoothの無線マウスは1回電池切れで動作しなくなりました。
電池を取り替えてまた使えるようになりました。

無線のマウスについて
無線のマウスは上記のようなBluetooth方式の他にはUSBレシーバーをUSB端子口に差し込んで通信を無線接続するマウスの方式があります。
無線のマウスには大きく分けてこの二種類の方式が普及しています。

無線マウス・有線マウス
我が家では一緒に住んでいる家族3人ともノートPCを所有しています。
一人はWindows8から8.1、10へとアップグレードしたノートPCを、一人は32ビットのWindoows7SP1のノートPCと64ビットのWindows10ノートPCを、そして筆者はメインで

Bluetooth標準搭載されているWindows10の新しいノートPCを所有しています。
筆者はBluetooth方式の無線のマウスと有線のマウスどちらも使用しています。
Bluetooth方式の無線のマウスは便利だなと実感はするのですが、電池交換のコストがかかるのが仕方がないのですが気になります。
筆者は無線のマウスには充電式電池を活用してみようかなと今考えています。
家族一人はUSB端子口に接続する有線のマウスを未だに使用しています。
32ビットのWinodws7SP1のノートはOffice2007搭載でした。
ですのでOffice2007は今年2017年10月にサポートが終了したので、新しい最新のWinodws10搭載のノートPCに買い替えました。
その最新機種もBluetooth方式の無線マウスです。
有線のマウスは煩わしいというユーザーの方もいらっしゃるかもしれませんが、USB端子口に接続する有線のマウスは電池交換だとか電池の充電だとかの手間がかからないので

これはこれで良いのかなというのが現在の率直な感想です。
筆者は別にOffice2010のWindows7SP1のノートとWindows8.1のノート2台もまだ使っています。
筆者は計3台のノートPCを使用しているのですがうち2台はいまだに有線のマウスを使っています。

 

NECのLAVIE NoteMobile2018年春モデルを見て

2018年 6月 5日


(画像、イメージ)

NECは12.5型の軽量モバイルノートPC、LAVIE Note Mobile2018年春モデルを発売しました。
発売時期は2018年1月中旬でした。
発売された機種はNM550/KA、NM350/KA、NM150/KAです。
搭載CPUとSSDストレージの仕様によってそれぞれ3機種に分かれています。

このNECのモバイルノートPC製品は一度タリーズ珈琲に店内で学生が使っているところを見たことがあります。
NECのLAVIE NM(Note Mobile)は11.6型の製品も2017年に発売されています。
筆者は地元の家電店の店頭で見たことがあります。
店頭で見たところの感想としては率直にビジネス用途であればLAVIE Hibrid Zero13.3型のほうが筆者は魅力に感じています。

11.6型と12.5型のLAVIE NoteMobileシリーズは製品のコンセプトが学生向けであるそうです。
そういった意味では常に持ち歩くのに便利で使いやすいノートPCは重宝するとも考えられますし、思い切った製品開発コンセプトだなと感じています。ただ、大学の講義はPCで作成した文書をプリントアウトしたものを提出できる講義もありますが、逆に講義時間内に手書きで提出するレポートや小テストも少なくないです。
ちなみに筆者も卒業論文と後日提出の課題プリントやレポート文書をPCからプリンターでプリントアウトしたものを担当教授に提出した経験もあります。
他方で、学生向けのパソコンのコンテンツとしては「手書きプリントの作成」ができることも必要になってくるのではないかと感じています。
ただ、PCでの資料作成に慣れてくると、手書き資料よりも早く完成稿の資料がPC入力で制作できるようになってきます。
学生が大学などの学生生活をつくるだけでなく、講義用の資料や課題・レポート提出などの中身は、教える側の教授や事務方の方々にも革新していってもらいたいものだと考えます。
ちょっとした技術の導入で大学の講義の学び修めの新しいかたちが他にもいろいろと考えられる余地がありそうです。

クラウンコンフォート・タクシーについて

2018年 5月 25日


筆者は2月末に尾張一宮に行きました。
再度尾張一宮地域で名鉄タクシーを利用しました。
以前尾張一宮地域の名鉄タクシーを利用した際にジャパンタクシーの新しい車両に乗れた経験を記事にしました。
今度はクラウンコンフォートの車両が迎えに来てくれました。

クラウンコンフォートはWikipediaによると1995年12月から2017年5月までトヨタ自動車によって生産・販売されていたセダン型の商用車です。
この車種はまだまだ街で走って活躍しているのを見ます。

クラウンコンフォートで迎えに来てくれたタクシーの運転手さんに筆者は前回乗った時はたまたまジャパンタクシーの新しい車両を利用した件を打ち明けてみました。
運転手さんは尾張一宮地域のジャパンタクシーの車両は間違いなく2台導入されたところで、レアなことですよと言われました。
ちなみに運転手さんによると、タクシー車両として多く採用されてきたクラウンコンフォートは生産自体が無くなっているそうです。そして今後はジャパンタクシーの車両がタクシー車両として順次採用されていくのだそうです。
ということは、今後名鉄タクシーではクラウンコンフォートのタクシー車両が少しずつジャパンタクシーの車両に替えられていくことになります。

タクシーの商売のかたちは日本ではしっかり根付いているサービスだと考えます。
運転手さんは専門のタクシーの運営会社が監督してくれているわけで、安全面でも優れています。
海外ではUberウーバーなどの新しいかたちの移動のサービスが流行っています。

新聞によると日本国内の移動のサービスとしては今後も当面タクシーのかたちで移動のサービスを考えていく動向のようです。
海外発の移動のサービスのプロの業者さんの専門家からも当面日本国内ではバスやタクシーの会社を通しての移動のサービスの新しいかたちや未来のかたちをつくるほうが良いと見られているようです。
移動のサービスのかたちは今後いろいろ工夫に余地が多くあると筆者も考えています。
移動のサービスの革新は少しずつ始まっているようです。

通信環境は私たちの生活を一変させる

2018年 5月 22日


筆者は自宅にNTTの光回線を引いてその後ソフトバンク光に契約を変更しています。
自宅に設置したモデムを通じてWi-Fi通信でノートPCやスマホを活用しています。
自宅のWi-Fi通信を使えばスマホ等のデータ通信料が課金されずにすみます。
ですので気兼ねなく自宅でYou Tubeのミュージックビデオやネットを使って調べ物したりできています。

自宅に光回線を引いていない場合には、スマホやタブレットなどで通信しているうちに契約しているプランのデータ容量を超えて課金されてしまうこともあると考えられます。
筆者はドコモショップで初めてスマホに機種変更したユーザーの方がデータ通信の要領がつかめなくてデータ通信料で課金されて問い合わせに来ている様子を見たことがあります。ずいぶん混乱している様子でした。
こうした混乱はWi-Fi通信環境をつくり利用すれば大分防ぐことができると考えます。

筆者はスマホやタブレットの使用を通じてモバイルデータ通信活用へと移行するユーザーの方も相当いるのではないかと考えます。
Wimax2+などのWi-Fiモバイルデータ通信端末を契約検討する人も相当いると考えます。
Wimaxは月々3000円程度ほどかかります。
複数人・複数台自宅でパソコンやタブレット・スマホを使う場合は思い切って光回線を引いて自宅にモデムを設置してWi-Fi通信環境を思い切ってつくるのも良いとも考えます。

自宅の光回線を引いてモデム設置したWi-Fi通信環境は、データ通信や通信料・通信容量を気にせずにすむ画期的な技術であったのだなと改めて感じさせられます。
筆者の友人には「どこでもWi-Fi通信が繋がって利用できるようになりませんかね。」と言う人もいます。

次世代の5Gの規格の通信は画像処理速度や精度が上がり、機械制御も飛躍的に性能が上がると報じられています。
見本市でのテレビの取材を見ていると確かに可視的に機械制御の対応スピードが4Gより上がっている様子です。
通信の規格開発は私たちの生活を一変させてしまうほどの影響力があるということなのでしょう。

新iPad登場 iPad・iPad Proについて

2018年 5月 18日


(画像、イメージ)

2018年3月28日から新iPadが購入予約受付開始されました。
筆者のMacbook Proには3月30日に新iPadの紹介メールがアップルから届いていました。
新iPadのサイズは9.7インチです。
価格は37800円~ということで求めやすい価格設定になっています。

新iPadの価格
Wi-Fiモデルはストレージ32GBが37800円、128GBが48800円です。
Wi-Fi+Cellularモデルはストレージ32GBが52800円、128GBが63800円です。
アップルペンシルは別売りです。
アップルペンシルは10800円です。
価格はすべて税別価格です。

新iPadの大きな長所は新たにアップルペンシル対応のパネルで手書きコンテンツに対応した点です。
9.7インチのディスプレイの解像度は2048×1536のRetinaディスプレイの仕様となっています。
OSはiOS 11で、アウトカメラ800万画素、インカメラ120万画素です。

2017年6月に発売されたiPad Proについて
アップルは2017年6月にiPad Proを発売しています。
このiPad Proは10.5インチと12.9インチのモデルが発売されています。
10.5インチはディスプレイ解像度が2224×1668、本体が400g後半と軽量です。
12.9インチはディスプレイ解像度が2732×2048、本体が600g後半です。
10.5インチ12.9インチどちらも背面カメラ1200万画素、インカメラ700万画素です。
このiPad Proは10.5インチ・12.9インチどちらもWi-Fiモデル、Wi-Fi+Cellularモデルが発売されています。

iPad Pro(2017年6月発売)の価格
10.5インチWi-Fiモデルがストレージ64GBが69800円、256GBが80800円、512GBが102800円です。
10.5インチWi-Fi+Cellularモデルがストレージ64GBが84800円、256GBが95800円、512GBが117800円です。
12.9インチWi-Fiモデルがストレージ64GBが86800円、256GBが97800円、512GBが119800円です。
12.9インチWi-Fi+Cellularモデルがストレージ64GBが101800円、256GBが112800円、512GBが134800円です。
価格はすべて税別価格です。

筆者はモバイルノートPCに興味を抱いています。
モバイルノートPCを買おうかなと家電店を見てまわるうちに、筆者も10.5インチのiPad Proの500g未満のストレージ多めの製品を、モバイルノートPCの代わりに使うのも良いかもしれないと真面目に考え始めています。
iPad ProのためのSmart Keyboardを購入して装着すれば、もうすでに立派なモバイルノートPCなのではないかと考えます。

ディスプレイやNAND型フラッシュメモリの普及について

2018年 5月 15日


(画像、iPhoneⅩ)

iPhoneⅩが生産台数を半減させることが2018年に入ってから報じられるようになりました。
iPhone向けの生産の減産等の計画変更は供給メーカーにとっては大きな打撃になるかと想像されます。

スマホの販売台数は全体観として伸び悩みの減速状況であることが分析され報じられています。
iPhoneⅩの場合は製品に問題があるというわけではなくスマホの販売台数の結果状況の全体観としての分析と判断によるものではないかと考えられます。

iPhoneⅩのディスプレイはサムスン製の有機ELディスプレイです。
このiPhone向けの有機ELパネルの生産が過剰になってしまっていることがわかってきたと2月に新聞で報じられています。

ディスプレイやフラッシュメモリの将来
有機ELパネルやNAND型フラッシュメモリは今後もスマホ製品搭載用に製造され各スマホ製造メーカーに買われていくことは確実のようです。

ですが有機ELパネルもNAND型フラッシュメモリも買い取るメーカーにとっては価格が高いという状況が課題になっているようです。
上記のAppleのiPhoneⅩ搭載用のサムスン製の有機ELパネルも同様に現状では価格が高いという状況のようです。
そしてディスプレイの開発は、折りたためる形の優れたディスプレイが次世代技術のディスプレイとして競争がすでに始まっています。
ディスプレイの将来像は現実としては製造コストと完成品の製品価格設定とのバランスの問題がくっついているようです。

NAND型フラッシュメモリは中国の製造メーカーがNAND型フラッシュメモリを比較的に安価な製品として大量生産をしていく計画であるそうです。
Appleなどスマホメーカーが製品の搭載用にこの中国のNAND型フラッシュメモリ生産メーカーの製品を採用する検討に入っていることも報じられています。

日本のジャパンディスプレイ・JOLEDが開発に成功した印刷方式の有機ELパネルは結果としては出遅れたかたちに今のところなっていますが、この印刷方式の有機ELパネルは製造コストが従来の蒸着方式の有機ELパネルよりも抑えられることが可能であると報じられています。
ジャパンディスプレイは高機能の液晶の開発を継続し尽力しており、JOLEDも印刷方式の有機ELパネルにコストを抑えた生産が確実に実現できるとすれば今後チャンスがあるかもしれません。