ロボットティーチング

2024年 7月 5日
ロボットティーチング(Robot Teaching)、ロボットに特定の作業や動作を教える技術およびプロセスを指します。これにより、ロボットは自律的に特定のタスクを実行できるようになります。ロボットティーチングは、産業用ロボット、サービスロボット、教育用ロボットなど、さまざまな分野で使用されます。

ティーチングペンダント(Teach Pendant):

・操作パネルを使用してロボットの動作を手動で教示する方法です。オペレーターはジョイスティックやボタンを使ってロボットの各関節を動かし、動作を記録します。

オフラインプログラミング(Offline Programming):

・専用のソフトウェアを使用して、コンピュータ上でロボットの動作をシミュレートし、その動作プログラムをロボットに転送します。この方法は、実際の生産ラインを停止することなくプログラムを作成・検証できる利点があります。

示教(示すことによるティーチング):

・人間がロボットを手で動かして特定の動作を示し、それをロボットが学習する方法です。この方法は、直感的で分かりやすく、特に複雑な動作を教えるのに適しています。

機械学習およびAI:

・ロボットがセンサーやカメラを使用して環境を認識し、自己学習アルゴリズムを通じて最適な動作を学ぶ方法です。このアプローチは、高度な適応性を持ち、未知の環境でも柔軟に対応できます。

音声認識やジェスチャー認識によるティーチング:

・音声コマンドや手の動きなどを使ってロボットに指示を与える方法です。これにより、特定の動作を直感的に教えることができます。

これらの方法を組み合わせることで、より効果的かつ効率的なロボットティーチングが可能となります。産業分野では、ロボットティーチングを通じて生産性の向上や作業の自動化が進んでいます。また、教育やサービス分野でも、ロボットティーチングによってロボットの活用範囲が広がっています。

 

ロボット操作パネルの銘板事例

 

トップページへ