ジャッキ負荷試験装置

2024年 7月 8日
ジャッキ負荷試験装置、主に建設や土木工事において使用される装置で、ジャッキ(油圧ジャッキやメカニカルジャッキなど)の性能や強度を評価するための試験に用いられます。この装置を使用することで、ジャッキがどの程度の荷重に耐えられるか、またその荷重に対する挙動がどのようになるかを確認することができます。

特徴

高精度センサー: 荷重や変位を高精度で測定するためのセンサーが装備されています。

制御システム: 試験条件を細かく設定し、自動で負荷をかけるための制御システムが含まれています。

データ収集: 試験結果をリアルタイムで収集し、解析するためのデータ収集システムがあります。

安全機能: 過負荷や異常動作を検知するための安全機能が備わっており、試験中の事故を防ぐ役割を果たします。

用途

ジャッキの性能評価: 新しく製造されたジャッキの性能を評価し、規格に適合しているかを確認します。

品質管理: 工場出荷前の品質管理や、定期的な点検の一環として使用されます。

故障診断: 使用中に異常が発生したジャッキの故障原因を特定するために使用されます。

研究開発: 新しいジャッキの設計や改良に向けた研究開発にも利用されます。

使用手順

ジャッキのセットアップ: 試験装置にジャッキを正確に取り付けます。

試験条件の設定: 必要な試験条件(荷重、速度、時間など)を設定します。

負荷試験の実施: 制御システムを用いて自動的に負荷試験を実施します。

データ収集と解析: 試験中に収集されたデータを解析し、ジャッキの性能を評価します。

報告書作成: 試験結果に基づいて報告書を作成します。

ジャッキ負荷試験装置は、ジャッキの信頼性と安全性を確保するために不可欠な装置です。具体的な製品やメーカーによって装置の仕様や機能は異なる場合がありますので、使用する前に取扱説明書やメーカーの指示に従うことが重要です。

ジャッキ負荷試験装置の銘板

 

トップページへ