貯蔵タンク

2024年 6月 19日

1. 事前準備

  • 書類の確認:貯蔵タンクの設計図や過去の検査報告書、保守記録を確認します。
  • リスク評価:タンクの使用状況や周囲の環境を評価し、リスクを特定します。

2. 外部検査

  • 視覚検査:タンクの外部を目視で検査し、腐食、亀裂、変形などの異常をチェックします。
  • 厚さ測定:超音波測定器を使用してタンクの壁の厚さを測定し、腐食や摩耗の状況を確認します。
  • 漏れ検査:液体やガスの漏れがないか確認します。

3. 内部検査

  • 内部清掃:タンク内部を清掃し、検査しやすい状態にします。
  • 視覚検査:内部を目視で検査し、腐食、亀裂、変形などの異常をチェックします。
  • 非破壊検査:超音波、磁気粉、放射線などの非破壊検査技術を用いて、内部の状態を詳細に確認します。

4. 動的検査

  • 圧力テスト:タンクに適切な圧力をかけ、圧力保持能力を確認します。
  • 稼働試験:実際の運用条件でタンクの動作を確認し、異常がないかチェックします。

5. 報告と対策

  • 報告書作成:検査結果を詳細に記載した報告書を作成します。
  • 対策の実施:異常が発見された場合は、修理や補強などの適切な対策を講じます。

使用する技術と機器

  • 超音波検査:材料の厚さや内部欠陥を検出します。
  • 磁気粉検査:表面および表面近くの亀裂を検出します。
  • 放射線検査:材料内部の欠陥を検出します。
  • 圧力テスト機器:タンクの圧力保持能力を確認します。

安全対策

  • 適切な防護具の使用:検査員はヘルメット、手袋、保護メガネなどの防護具を着用します。
  • ガス検知器の使用:有害ガスの存在を確認するためのガス検知器を使用します。
  • 立ち入り禁止区域の設定:検査中は周囲に立ち入り禁止区域を設定し、安全を確保します。

これらの手順を通じて、貯蔵タンクの安全性と信頼性を確保することができます。

貯蔵タンク検査済証の真鍮銘板事例

真鍮エッチング銘板 サイズ50×70 厚み0.5mm 4-Φ2  黒

 

トップページへ