バースト圧力

2024年 6月 12日
バースト圧力(burst pressure)とは、圧力容器、ホース、パイプなどの圧力がかかる装置や構造物が破裂する際に内部にかかる圧力のことを指します。バースト圧力はその装置や構造物が設計上耐えられる最大の圧力であり、この圧力を超えると破損や破裂が起こる可能性があります。

バースト圧力の重要性

1.安全性の確保: バースト圧力を理解し、管理することは、機器の安全性を確保するために非常に重要です。過剰な圧力が加わると、破裂や爆発が起こり、人命や財産に重大な危害をもたらす可能性があります。

2.設計の基準: 装置や構造物の設計において、バースト圧力は重要な指標となります。適切な材料選定や設計方法を使用して、予想される最大の運転圧力に対して十分な安全マージンを持つように設計する必要があります。

3.規制と基準: 多くの産業規格や法規制では、バースト圧力に関する試験や認証が義務付けられています。これにより、装置の信頼性と安全性が保証されます。

バースト圧力の試験

バースト圧力試験は、実際に装置に圧力を加えて破裂させ、そのときの圧力を測定する方法で行われます。以下は一般的な手順です:

1.試験準備: 試験対象の装置を試験装置に取り付け、適切な計測器を配置します。

2.圧力加圧: 装置に徐々に圧力を加えていきます。通常、一定の速度で圧力を増加させます。

3.破裂確認: 装置が破裂するまで圧力を増加させ、そのときの圧力を記録します。

4.データ解析: 破裂した際の圧力データを解析し、バースト圧力を決定します。

 

バースト圧力は、装置や構造物の安全性と信頼性を確保するために不可欠な指標です。設計や製造、試験において適切に管理し、予期せぬ事故を防ぐために重要な役割を果たします。

ステンレスバルブ銘板事例

φ29 2-φ3 Sus0.5 黒 艶消

 

トップページへ