ノイズ試験機用作成

2014年 1月 31日

766-noise
電子機器の電磁波のノイズに対する影響を受けないように、評価、チェックするノイズ試験機で使用される銘板事例

<ノイズ試験機用銘板製作>
707-アルミパネル仕様

<製作プロセス>
ノイズ試験機用原稿入力 ⇒  データ ⇒ NC機械 ⇒  銘板加工 ⇒      色充填・検査・出荷         ノイズ試験機の銘板 704-パネルプロセス

<ノイズ試験機>

◆電源ラインからの侵入や通信線などへの誘導ノイズによる電子機器の性能評価装置。

◆静電気の放電現象を再現、電源のノイズを再現、誘導雷を再現、電源の変動現象を再現。

◆インダクティブ負荷の開放に代表される立上りの速い広帯域の周波数成分を含むノイズを再現する試験器。

◆ノイズは身の回りの電気・電子機器は多かれ少なかれノイズの発生源となっています。

◆放射ノイズはケーブルでつながれていない電子機器にも侵入して、システム間ノイズとして被害を広げます。

◆さまざまな電気・電子機器や無線機器、情報通信システムが共存しています。

◆周辺から影響を受けないEMC対策が機器の製品設計・開発段階から強く求められています。

◆各メーカは製品開発 時に電源の変動現象を再現、電源のノイズを再現、静電気の放電現象を再現 。

◆放射電磁界、基板からの輻射ノイズ源、圧電変動等の再現などさせてノイズ試験 。

◆ユーザーに合わせて設計する特定機器は量産機器 と違い、ロットが少ないオリジナル装置が中心。

◆オリジナル製品の銘板は、1ロットから製作できる、彫刻方式銘板が適しています。

静電気試験器、半導体デバイス用静電気試験器、誘導雷ノイズ、CVTノイズ試験機、耐高周波ノイズ試験機、
環境ノイズ評価装置、過渡電圧サージ試験器、電源ライン用ノイズ試験機、DC電圧変動試験システム、
インパルスノイズ試験機、電磁波解析測定システム、各種試験機の銘板製作。