NC彫刻機械について

2014年 2月 21日

NC彫刻機-空-H150
機械彫刻の現代版がNC彫刻機械です。コンピュータ数値制御でミクロ単位の仕事まで可能です。

 

数年前までの文字彫刻は、字母という原版を作成し、字母をガイドで倣うい文字の彫り込みをしました。職人が作成する

字母の完成度が彫刻業者の持ち味でした。1983年頃からコンピュータ彫刻が出始め、各社統一された文字になっています。

NC彫刻機械は文字彫刻、2次元加工、2.5次元加工、三次元加工、金型加工など精細な加工ができる工作機械です。

 

<機械彫刻について>

◆コンピュータ数値制御(Computer(ized) Numerical(ly) Control(led) CADで制作した数値プログラムで操作する自動機。

◆数値制御には、2Dと3Dがあり、それぞれCADデーターの制作は専用のソフトウエアを使用します。

◆CADのソフトウエアからCAMソフトウエアへ移行し加工プログラムを作成します。

◆加工プログラムからNC原語に変換して、数値制御装置(NC)で作動します。

◆NC機械彫刻で製作する主な工業品は 銘板 電極マスターの作成 金型文字入れ 機械の目盛刻印 精密切削など。

◆昔から存在する倣い加工機機を数値制御で作動できるようにしたのがNC彫刻機です。数年前までは機械メーカも数社
ありましたが、近年では彫刻機械を製作しているメーカーはほとんどない状態です。

 

<用語>

数値制御・・・加工プログラムの数値指令によって行われる制御。加工に必要な工具の動きを数値符号化される。

加工プログラム・・・機械を動かすための命令コード。テキスト形式わかりやすい形で書いてあります。

倣い加工・・・原型の形状に沿って切削工具の動きを自動的に案内して原型同様な形状を作ることができる加工。

字母・・・文字の形には種々の体系がある、個々の要素である字の言語を表記するのを目的とするもの。

ミクロ単位・・・ミクロとマイクロは同じmicro=1/1000,000という単位。ギリシャ語で「小さい」という意味のμικρός (mikros) に由来。