フォントについて

2014年 2月 4日

フォント-03

フォントは、文字の形や書体とも呼ばれます。コンピュータで表示したり印刷などに利用します。

 

◆ビットマップフォントは、ドットの組み合わせで文字を表現します。

◆容量が少なく、描画速度が早い。文字形成時に拡大縮小すると文字形がくずれやすい。

◆スケーラブルフォントは、文字形成時に、拡大縮小しても文字の形がくずれない。

◆ストロークフォントは、文字の中心線だけのフォント、中心のラインなどの太さの情報はない。

◆データ量は少なく軽い文字データになります。解像度に依存しないCADシステムや彫刻文字などに利用します。

◆アウトラインフォントは、文字の輪郭線の形状情報を持つフォント形式、ワープロを中心に普及しています。

◆画面やプリンター出力するにはピクセルデータに変換するラスタライズが必要になります。

◆彫刻においては、アウトラインに囲まれた中はハッチングデータによりさらい彫りで仕上げます。

 

フォント-01フォント-02

 

書体・・・共通した表情をもつ文字の集まり。字体が一貫した特徴と独自の様式を備えた字形として表現。

ドット・・・デジタル画像を構成する単位。コンピュータの画面では無数のドットの集合によって文字や画像を再現。

アウトライン・・・文字の輪郭を線画に変換。文字の形をコンピュータ上で表現するためのデータ形式の一つ。

ハッチング・・・線を並行に何本も描く技法。複数の平行線を書き込む。絵画や製図について行われる描画法の一種。

描画・・・アプリケーションにおいて、線や矢印などの図式を入力することのできる機能。

 

<彫刻文字の書体>

彫刻は回転する刃で
彫り込みます
tyoukoku-font-maru-gothic
回転する円形状の
丸ゴシックになります
font-maru-gothic
角ゴシックや指定書体
は図形方式で彫刻
hatching
アウトラインと
ハッチングで彫刻
outline