許認可

2024年 7月 8日
許認可(きょにんか)は、特定の行為や活動を行うために必要な公的な許可や認可のことを指します。以下は、主な許認可の種類とそれぞれの概要です。

許可

・行政機関が特定の行為を行うことを認める行為。例としては、建築許可や営業許可などがあります。

・許可を得ることで、法律で禁止されている行為を合法的に行うことができます。

認可

・行政機関が特定の行為を行うことを事前に認める行為。例としては、教育機関の設立認可や公益法人の設立認可などがあります。

・認可が必要な行為は、法律でその事前の認可を義務付けられている場合が多いです。

登録

・行政機関に特定の情報を届け出ることで、その情報が公的に認められる行為。例としては、法人の設立登記や商標登録などがあります。

・登録によって、特定の権利が法的に保護されることがあります。

届出

・特定の行為を行う前または後に、行政機関にその旨を届け出る行為。例としては、事業開始届や変更届などがあります。

・届出が必要な場合は、その届出を行わないと法的なペナルティが課されることがありますが、届出自体には行政機関の判断は含まれません。

指定

・行政機関が特定の資格や条件を満たす者や物を指定する行為。例としては、指定管理者制度や指定医療機関などがあります。

・指定を受けることで、特定の業務や役割を担うことができるようになります。

これらの許認可の種類は、事業や活動の内容に応じて必要な場合があります。それぞれの手続きや要件については、関連する法律や条例によって定められており、具体的な手続きは管轄の行政機関に確認することが重要です。

許認可表示銘板の例

 

トップページへ