鉱山機械用事例

2014年 6月 12日

各種銘板-グレーH250

鉱床から鉱石を採掘する鉱山機械。鉱石から有用な元素を取り出す事を製錬など各種産業機械。

資源として有用な鉱物を採掘・選鉱・製錬し、主として工業用の 原料として供給する事業所が使用する産業機械。

 

鉱床の地理的、地学的な条件から採掘選別された鉱石は化学的に処理で有用な元素を取り出されます。鉄、銅、鉛、水銀、

アンチモンなど抽出には火力を用いて溶融・揮発させて元素を抽出する方法で製錬。金、銀などは薬品の水溶液を用いて、

精鉱から元素を抽出して分解させる方法で製錬。鉱山機械には採掘現場で使用する重機や製錬工場で使用する装置等が

あります。銘板は現場に強いアルミ銘板、ステンレス銘板が多く利用されます。

 

<アルミ銘板・ステンレス銘板>

アルミ彫刻銘板=アルミニウムの陽極酸化皮膜アルマイト処理済の板使用。耐候性、耐傷性、耐腐食性に優れています。

アルミアルマイト印刷銘板=アルマイト処理済板に感光液を塗り写真焼付法で文字等を表現するアルマイト染色方法です。

ステンレス腐食銘板=ステンレス板に金属を溶解する薬品によって文字食刻。耐候性、耐久性、高級感等に優れています。

 

アルミ彫刻銘板or腐食銘板・アルミ彫刻ダルマ銘板・ステンレスの腐食タンザク銘板・装置銘板・機械銘板・目盛銘板各種

kakusyu-671

 

 

<鉱山機械>

◆鉱山には、鉱物を砕く機械、さく岩機、採炭機械、積込機、破砕機・摩砕機・選別機など産業機械があります。

◆全地球測位システム(GPS)などを活用し無人超大型ダンプトラックを無人運行するシステムが開発された。

◆監視ツールのFMSを搭載した鉱山機械が開発。オペレーターへの運行指示を表示して効率よく稼働されている。

◆鉱山には、鉱石を還元することによって金属を取り出す過程のこと製錬設備。化学工場など付随する工場がある。

鉱山機械設備関連の各種銘板製作