産業ロボット用事例

2014年 6月 11日

各種銘板-青H250
工場などで人間の代わりとして働く産業用ロボット。各種の作業を プログラムによって実行できる。

一度教えれば精確に同じ動作を行え、また何時間でも同じ動作を繰り返すことができる産業機械。

 

<産業用ロボットの銘板>

FAを主体とする生産現場では、自動制御技術と産業ロボット技術による、自動化が進んでいます。   ここ数年増産体制に

入っている企業が増えています。工場で用いられるプログラムで稼働する自律制御機械には自動制御技術と産業ロボット

技術に関する高度な知識と設備が必要です。それに応じて設備等に利用される銘板の役目も大切になります。重工業に

はアルミ銘板、食品関係には見た目にも衛生的なアクリル銘板が利用されます。

 

meiban-01

画像-パネル-H671

 

<産業用ロボット>

◆産業ロボットは製造プロセスのスピードを向上し、人件費を軽減できるため、大量生産環境では一般的に用いられます。

◆人間の巧妙な動作を自動制御を用いて取入れて、各種の作業をプログラムによって実行でき、産業に使用される機械。

◆電気モータや 油空圧的装置等のアクチュエータのアクセス制御を利用する作動原理によりさまざまなものが開発される。

◆現在、ロボットは、柔軟性、確度、および繊細さを必要とするような、人間の腕に似た工業ロボットの研究を進めている。

◆ 産業用ロボットを活用し、工場全体をロボット化して工場での作業や工程を自動化したFA工場増えています。

 

<用語>

◆直交ロボット・・・成型機からワークを取り出し次工程へ搬送。2軸や3軸の直交するスライド軸により構成 される産業用ロボット。

◆垂直多関節ロボット・・・機構が人間の腕に 良く似ており、複雑な動きに対応できる。軸数が4軸、5軸、6軸のものがある。

◆水平多関節ロボット・・・ 水平方向の高速・高精度動作を. 必要とする作業に適している。スカラロボットとも呼ばれる。

◆パラレルリンクロボット・・・複数のアームに動力を並列( パラレル)に伝えるく並列のパラレルメカニズムを用いた産業用 ロボット。

◆アクチュエータ・・・物を動かす駆動装置。動作により制御を行う機械的装置。油空圧的装置など。