電気回路図

2024年 6月 18日

電気回路の基本

電気回路とは?

電気回路は、電流が流れるための経路を提供する物理的な配置です。電気回路は、さまざまな電気的な要素(抵抗器、コンデンサ、インダクタ、電源など)を含み、それらが導線によって接続されています

電気回路の基本要素

1.電源:電流を供給する装置(例:バッテリー、発電機)

2.抵抗器(レジスタ):電流の流れを制限する要素

3.コンデンサ:電荷を蓄える要素

4.インダクタ:磁場を利用してエネルギーを蓄える要素

5.スイッチ:電流の流れを制御する要素

電気回路の種類

1.直流回路(DC回路):一定の方向に流れる電流を扱う回路

2.交流回路(AC回路):時間とともに方向が変わる電流を扱う回路

電気回路の基本法則

1.オームの法則

・定義:電圧 VV は電流 II と抵抗 RR の積に等しい。

・式: V=IRV = IR

2.キルヒホッフの法則

・キルヒホッフの電流則(KCL):ある接続点に流れ込む電流の総和は、流れ出る電流の総和に等しい。

・キルヒホッフの電圧則(KVL):閉回路内の全ての電圧の総和はゼロに等しい。

電気回路の分析方法

1.直列回路

・すべての部品が一つの経路で接続される。

・全体の抵抗は各抵抗の和。

・全体の電流はすべての部品で同じ。

2.並列回路

・部品が複数の経路で接続される。

・全体の抵抗は逆数の和の逆数。

・全体の電圧はすべての部品で同じ。

 

電気回路図の銘板例

アルミエッチング銘板サイズ200×180 厚み2mm 4-Φ5 黒

 

トップページへ