ユニットケースのパネル加工

2014年 2月 19日

パネル-H250
ユニットケースのフロントパネル、リヤ-パネルの加工と銘板の彫刻

 

生産設備機器に組み込んで使用することを目的としたユニット。 ライン設備に合わせ自由な形で組み込まれて

います。ユニットケースに取り付いている、アルミ材のフロントパネル、リヤ-パネル、汎用ラックケースのパネルの

穴加工及び文字入れの加工を行います。NC機械を利用してエンドミル加工します。丸孔・角孔・長丸孔・長角孔

など、連続した切り口で仕上がりが良く、正確な位置に穴加工ができます。

 

<ユニットケースの銘板加工>
ユニットケースの各メーカのアルミパネルの孔加工から文字彫刻を行います。支給材のアルミューム板がない場合は、
材料から加工できます。

003-press-アルミ-H658
画像-パネル-H671

 

<ユニットケースについて>

◆ユニットケースは計測器、検査機器、電源装置、オーディオシャーシなどの電子機器用使われています。

◆ユニットケースは、アルミ押出材を組み合わせた汎用アルミケース、制御・操作装置や測定・検査機器収納。

◆ユニットケースの各メーカはヘアーライン処理のアルミ押出材を使用したデザイン性に優れたケースな販売。

◆スイッチなどの器具を取り付けるための孔加工。フロントパネル、リヤーパネルの孔加工が必要です。

 

ユニットケースのアルミ平板     NC機械でカットと孔加工 文字彫刻
ラックパネル