電気化学分析機用

2014年 2月 14日

パネル-H250
電気化学バイオセンサー電気化学分析機の銘板

 

meiban-01

画像-パネル-H671

 

<電気化学分析機>

◆電池やめっきの基礎となる電気化学という学問を基礎として、溶液中のイオンや残留物質を定量・定性分析。

◆サンプルに電気的な信号を印加し化学的な反応を起させたり、応答信号から内部で起こっている化学的反応を考察。

◆燃料電池、新素材、電子デバイス、バイオセンサ、光電気化学、分子機能電極、生物電気化学などの基礎研究。

◆電気自動車用、携帯電話器用、環境分析用、医療機器用。電位差測定法、電気伝導度測定法、交流インピーダンス法。

◆焼却炉材料インピ-ダンス測定に腐食モニタリング。コンクリ-ト鉄筋腐食電位測定。化成処理材電気化学的調査。

 

金属の腐食

◆電位の異なる二極の存在のもとで発生するイオン溶出及び電子の移動を伴う電気化学反応電池作用で腐食。

◆金属とイオンを一定濃度含んだ電解質と接するとき電位が低い金属ほど陽極的となりイオンとなって溶出し腐食。

◆金属の腐食は、その多くが電池作用に基づいた電気化学的反応によって進行します。

◆腐食が進行と結晶格子中の金属原子金属結合力を失い、金属内に電子を残して、金属イオンが腐食環境中に移る。

◆水や土壌など電解質に接している鉄の表面には表面状態、組織、環境などの僅かな違う。

◆微視的な陽極部と陰極部から成る局部電池電池作用で腐食。