熱特性測定機器用

2014年 2月 14日

パネル-H250
製品の伝熱特性調べる熱特性測定機器の各種銘板の製作

 

meiban-01

画像-パネル-H671

 

<熱特性測定機器>

◆精密機器や燃焼機器に 耐熱性や稼働効率の問題を解決するため、 材料の熱伝導率を把握することで問題を解決。

◆工業製品では材料と熱に起因するトラブルが数多く発生。熱の伝わり方を知ることは、設計や現象を知る上で重要。

◆熱伝導率などの物性値を正しく知ることによって製品 開発やトラブルに対してより良い対策を立てることが可能。

◆電子機器内の発熱は回路の誤動作を引き起こすこともあり、システムの信頼性劣化や電子部品の寿命を短くする原因。

◆電子機器熱設計は高集積化・高密度化しシステムに不可欠要素技術。熱物性値で熱伝導率測定機器が進歩されている。
<熱特性測定機器・熱伝導率測定装置>

◆熱伝導率とは物質内の熱の流れ易さを示す物性値。

◆電子部品、LSI、半導体温度制御、熱抵抗測定、接合温度測定ウレタン、真空断熱材などあらゆる断熱材の計測。

◆実装用部品の熱特性、熱抵抗測定など熱効率の計算精度が向上するため、製品 開発やトラブルの対策。

◆電子機器では小型化が進む一方 で、消費電力増大、機器 内部事故、不具合、劣化加速、熱効率計算精度が重要。
pc