反応生産機器装置用

2014年 2月 14日

パネル-H250
複数の液体の混合・反応・濃縮・乳化を行なう反応装置の各種銘板製作

 

<アクリル銘板・アルミ銘板>

アクリル=メタクリル樹脂の透明板にシンナーに溶けにくい塗料を熱硬化塗装した板を使用。耐溶性、耐薬性に優れています。

アルミ  = アルミニウムの陽極酸化皮膜、アルマイト処理した素材を使用。表面は 耐候性、耐傷性、耐腐食性に優れています。

銘板の種類 = パネル、ダルマ、タンザク、タイトル、スナップスィッチ、ボタンスィッチ、照光式記名板、操作説明等 各種銘板。

製作方法(彫刻)= CADソフトにてデータを作成。数値制御のNC彫刻機で彫刻と加工、彫刻した凹部分に ラッカ充填します。

製作方法(印刷)= CADソフト にて版下データを作成。ネガ処理、ポジ処理、原版製作、シルク印刷・腐食などで製作します。

 

画像-パネル-H671

 

<反応生産機器装置>

◆反応は、1つまたは2つ以上の物質同士を混合、加熱して他の物質に変化させることまたその工程。

◆高分子樹脂、成形加工において高分子の高次構造、低次構造のもつ高分子を生産するための触媒・製造装置。

◆重合機・・・低分子物質を含む液体を撹拌して反応させることにより、分子同士を結合させポリマー製造装置。

◆合成反応装置・・・薬学、ポリマー、ファインケミカル、農薬などにマイクロ波を利用した合成反応装置。

◆燃焼合成反応装置・・・真空から各種高圧ガス迄燃焼合成実験 金属間化合物、高融点セラミックス等を合成する装置。

 

<反応機>

◆複数の液体の混合・反応・濃縮・乳化を高速・高精度に化学反応を行わせるための装置反応装置。

◆温度調節、滞留時間の保持、物質移動促進の三つの機能を果たされている。

◆原料を連続的に供給、他端から生成物を連続的に取り出し工業的の大量生産に流通式反応器が広く採用。

◆食品品、化学、医薬品、化成品などで利用されています。
093-tank