アルマイト処理した銘板

2014年 1月 6日

panel-01panel-02

アルミニウム板は表面に薄い酸化皮膜を生成するので鉄と比べると腐食には強いが傷つきやすいため
アルマイト処理という表面処理が行われます。

◆アルミニウム材料の表面を陽極として、強酸中で電解によりパネル表面を酸化させる。

◆アルミニウムの表面を電気化学的に酸化させ、酸化アルミニウムの皮膜を生成する。

◆多孔質皮膜の特性を利用して、有機染料などを吸着させて着色することも可能になります。

◆アルミ銘板は、陽極酸化処理のアルマイト処理したのアルミニウム板を使用します。

◆アルマイト処理したアルミ銘板の表面は、非常に硬質であり耐久性に優れています。

◆アルマイト処理したアルミ材の表面色は、アルミ地、黒地、があります。

◆NC機械にて、アルマイト処理済みを銘板サイズに切り抜き、文字は彫刻で作成します。

952-nc  734-panel 957-panel 956-panel