ベクターイメージ

2014年 2月 5日

ベクター02

ベクターイメージで制作されたロゴ、マーク、指定書体などの彫刻が可能です。

 

◆ベクターイメージは、図形や画像などを点と点で結び、を表現するコンピュータグラフィックの一つです。

◆線で描画されたグラフィックスを図形の集まりで表現するデータ形式を持つ画像データです。

◆ベクターデータはCADウェアなどで扱います。

◆拡大、縮小などの編集を重ねても、画質の劣化しません。ロゴや図形、デザインの作成に用いられています。

◆線や面の輪郭がはっきりしている、物体などの作図向きです。

◆写真や自然画などを表現するのには不向きです。

◆画像は、一般的にビットマップグラフィックス(ラスタグラフィックス)形式で作成することが多いです。

◆用途によってビットマップ画像はWeb向き、ベクターイメージは印刷物向きと言われています。

 

ベクタ・データはドロー・データとも呼ばれ、図形を数値(ベクトル)データで記述します。CADなどにも用いられます。
拡大、縮小等の編集を行っても画質の劣化しない。ビットマップのデーターよりも容量が小さく編集作業がしやすい形式。

 ベクターイメージ  ビットマップが線上に並んだラスタ
ベクター

 

ビットマップ・・・コンピュータグラフィックスにおける画像の表現形式。色のついたドットの羅列として表現。

コンピュータグラフィック・・・コンピュータ処理を用いて生成された画像。演算によって3次元 空間内の仮想的な立体物。空間は座標で表現。

コンピュータの演算・・・データを処理する、人間では脳に相当する。加算や減算、比較といった計算処理。

画像処理・・・コンピューターを用いて 画像を処理する技術。デジタル写真やCG、映像、イラストレーション の画像情報を様々に編集・加工。

座標系・・・3次元グラフィックス分野で用いられる、空間全体を 表す。原点・座標軸など、座標をどう定めるかの基準を与えるもの。

 

ベクターイメージ
連続したラインデータ
Vector image
レーザカットで利用
綺麗な切抜きができます
Vector image -kirinuki