ボイラ ・原動機用事例

2014年 6月 30日

各種銘板-青H250

水を熱して蒸気をつくる装置ボイラ ・原動機。つくられた蒸気は工場・船舶などで加熱・乾燥用や
蒸気原動機の動力源として使われます。

産業用の蒸留・加熱・滅菌などに使う蒸気ボイラ ・原動機に取り付けられる各種銘板の製作。

 

meiban-01

671-meiban

 

<ボイラ ・原動機>

◆熱源エネルギー利用して得られる火気及び高温ガスで容器内の水を加熱し蒸気または温水をつくる装置

◆気体の水である水蒸気を発生するボイラ、タービン発電機との組み合わせで用いる発電用のボイラなど。

◆液体を熱して気化させ,その気体を冷却して ,再び液体として不純物を除き,純粋な液体つくる蒸留に利用

材料を飽和蒸気にてシャワー水を加熱、加圧滅菌し、滅菌工程前の強制空気排除する蒸気ブロー 方式に利用

◆ガスタービンを回した廃熱を回収ボイラーに誘導し、ボイラー内の水を沸騰させ蒸気タービンを回して蒸気再利用

ボイラ ・原動機 設備関連の各種銘板製作