食品加工機械用

2015年 2月 10日

各種銘板-青H250

消費者や市場ニーズを重視した新製品・新技術の開発を進められている食品加工機械。

日本食品機械工業会による 食品機械の対象分野として、農産物、畜産物または水産物を原料素材として加工処理し、多種多様な
食品、飲料、調味料等に調理生成するための工程において使用される食品機械・器具及び装置とされています。

加熱関連機器、冷却機械、精米麦機械、製粉機械、製麺機械、水産加工機械、整列機械、供給機械、切断機械、食肉加工機械、
春巻成形機、餃子製造機、充填機、洗瓶機、削り機、脱油機械、脱水機械各種の食品加工機械に取り付ける銘板の製作。

食品機械
真空包装機
sinkuhousouki
食品機械
加熱フライヤー
syokuhin-freyer-kikai
食品機械
成形機
syokuhinseikeiki
食品機械・低温高湿
空気除菌解凍装置
teion-kousitudo-jyokinsouthi
食品機械
製麺機械
syokuhin-mixer-kikai
食品機械
野菜カット機
yasai-cutki
食品機械
連続焼き器装置
syoukuhinyakiki
食品機械
発砲機械
syokuhin-hapouki

meiban-01

671-meiban

 

<食品加工機械>

◆精米機械、精麦機械、製粉機械、製めん機械、製パン機械、製菓機械、醸造用機械、牛乳加工機械、製茶用機械、
飲料加工機械、肉類加工機械、水産加工機械、、豆腐製造機械、調理食品加工機械、食料品加工機械など

◆機械の危険な部分への覆いの設置や食品の原材料の送給・取り出し時の運転停止、用具の使用などが義務付けれています。

◆インターロック機構・・・可動式覆いを閉じないと回転部分が動かない機能。

◆ホールド・ツゥ・ラン制御装置・・・可動式覆いを開いたときでも、ボタンを押している間に限り低速で回転。

◆イネーブル装置・・・連続的に操作するとき、機械が機能することを許可するための補足的な手動操作装置。

◆機械の省エネルギー対策促進により食品機械も積極的に省エネ化技術の開発を進められました。

◆多様化に伴って機械が複雑化し、マイコンと各種機械を組み合わせた自動化・ロボット化への研究開発が進んでいます。

◆食の安全意識の高まり生活者の手作り尊重志向を満たすべく、手作りと遜色ない食品を製造する技術も開発されています。

食品加工機械設備関連の各種銘板製作承ります。