パワーアナライザ用

2014年 1月 30日

変位計-01

高電力効率デバイスの開発や太陽光、風力などの新しい発電システムの開発などに使用する計測器のパワーアナライザの銘板事例

<パワーアナライザ用銘板製作>
705-アルミパネル仕様

<製作プロセス>
パワーアナライザ用の原稿をパソコンに入力・NC彫刻機械でパネルの彫刻と加工で仕上げます。
704-パネルプロセス

産業用パワー解析機能装置、高調波解析装置、電圧電流発生器装置、コンバータ/インバータ間測定、
パワーコンディショナ出力測定、電池パネル出力測定、マルチパルス測定機装置、等の各種銘板製作。

<パワーアナライザ>

◆アナライザーは、試料として入力された信号データを分析、解析するための装置をいいます。

◆電力測定時の波形解析、電力監視、省エネ機器、クリーンエネルギー開発などに欠かせない装置。

◆インバータの負荷測定、電力計測、水力発電機の電力測定、太陽光発電試験、モータ解析機能等で必要とされます。

◆電力測定時の波形解析、電力監視,省エネ機器・クリーンエネルギー開発などに欠かせない測定器。

◆電動機のトルク特性がインバータ出力電圧の基本波実効値に、温度上昇が出力電流の全実効値にそれぞれ左右される。

◆出力電圧は基本波実効値相当、出力電流は全実効値、出力容量は実用面を考慮してこれらの積で表す。

◆電力測定、波形解析、高調波解析、モータ解析機能、電気角測定、高速な高調波測定などに利用されます。