アルミタンザク銘板(角R付き)

2014年 1月 28日

937-sol
PL法の製造物のトラブルを防ぐための角R付き銘板

<主な仕様>
◆材料= アルマイト処理済み板(アルミニウムの陽極酸化皮膜 耐候性・耐食性向上)
◆形状と板厚み= タンザク形状、角形状 板厚1mm
◆文字= 2D-CADで入力 2D-CAMで加工データ作成 NC彫刻機による彫刻 ラッカー充填
◆データ作成= 2次元CADの彫刻専用ソフトウェア
◆互換データ= DXFに変換できるテキストデータ
◆テキストにない文字は彫刻専用ソフトウェアの作図機能で作成(中国文字、韓国文字、指定書体、その他)

<角R付きの銘板>
銘板の角で使用者がケガをしてしまうケースも考えられる場合は4角をR付けした銘板が用いられます。
平成6年7月1日法律第85号に定められたPL法の製造物の欠陥により損害が生じた場合の製造業者等の
損害賠償責任のトラブルを防ぐために角Rをつける銘板が多くなりました。

<角Rに付いて>
日常製品など角がR形状になって葦いる製品を多くあります。製品をぶつけてしまったときに製品がとがって
いると欠けたり、怪我をすることがあります。角にRが付いていれば、欠けることも少なく耐久性も向上します。
製品にRを付けることは、非常に重要なこととなります。