食品機械用

2014年 2月 6日

各種銘板-74
マイコン制御の電子化が進んでいる食品機械に使用するの各種銘板

 

meiban-01

003-press-アクリル-H670

 

<食品機械>

◆食品機械は、農林・水産・畜産などの原料を加工し、食料・飲料・調味料等を製造する機械とされています。

◆パン・菓子、 めん類、乳製品、飲料、肉・水産製品などあらゆる食品を製造する食品産業で使用されています。

◆技術的進歩は省力化・省エネルギー化促進、資源高度利用、価値の創 造を通じて豊かな未来社会作りに貢献。

◆ニーズの多様化に伴って機械が複雑化、マイコンと各種機械を組合せ自動化・ロボット化研究開発が進んでいます。

◆メカトロ機種は、国が進めるメカトロ税制(投資減税制度)の対象機種となり食品業界への普及が活発化されました。

◆攪拌・摺り潰し・混合・練り合わせ。解凍、焼成、蒸し、煮え、脱油、殺菌、乾燥等、様々の工程があります。

◆製菓・製パン機械・・・生地の撹拌から、成形、焼く、蒸すなどの工程においてマイコン制御の電子化が進んでいます。

◆牛乳・乳製品・・・直接無菌充填包装機、長期保存牛乳製造可能で牛乳処理プラント構成する機械が製造されています。

◆型成機・・・切り出しによる模様の型成や、立体的な形や模様ができる立体型成。

◆ブレード式粉砕機・・・材料を回転刃で引込みブレードと固定刃の刃先間に剪断力が主破砕力となって破砕される。