信号発生器機器用

2014年 2月 6日

各種銘板-74
電気信号に何が起きるのかを確認する信号発生器機器の銘板事例

 

meiban-01

003-press-アクリル-H670

 

<信号発生器機器>

◆信号発生器・・・電子素子回路,機器,システムなどの入出力特性を評価するための信号源として用いられるもの。

◆受信機など高周波機器の周波数特性の測定に用いられる標準信号発生器。出力特性を評価するための信号源。

◆一般用発振器,掃引信号発生器,関数発生器,周波数シンセサイザー,雑音発生器,パルス発生器など。

◆周波数測定や電力測定の波形を測定する別途計器類と組み合わせ使用。計測器や測定器分類に括られる機器。

◆電気信号がデバイスやシステムを通過したとき、電気信号に何が起きるのか確認し性能を検証し電気信号を測定。

◆音声またはデー タなどの情報を送信するために、情報をかなり高い周波数搬送波上に変調する必要がある。

◆電気信号を調べたい場合は、オシロスコープを使用して、信号の時間に対する変化状況を確認されます。

◆標準信号発生器・・・標準信号発生器は無線通信機器の試験用信号源として使用し、 AM/FM変調などの機能をもつ。

◆パルス・ジェネレータ・・・ICなどの半導体素子やその回路の試験など、パルス波形が必要な時に使用する信号源。

◆RC発振器・・・周波数の安定度、確度は良くないが、正弦波のひずみ特性がに良い。オーディオ関連の試験に使用。

◆専用信号発生器・・・ビデオ信号などの撮像から記録・編集・伝送の統一的な規格信号を発生することができる信号源。

◆任意波形発生器・・・自由に波形を作成機能を持ったファンクションジェネレーター。プログラムなどにより簡単に発生。