3次元CAD

2014年 2月 5日

3D-CAD
3次元CADは、コンピュータの中で物を造るイメージで造り上げていきます。

◆3次元CADは、2次元CADの縦横の2軸に1軸プラスして空間に立体形状を表現します。

◆物の形状をCAD上で立体で操作する際は、縦横高さのXYZで描ことにより、2次元では表現が難しい、複雑な形状を、
3次元CADのソフトウェアによりコンピュター画面上で、視覚的に表現することができます。

◆3次元CADで描いたデータは様々な用途で利用できます。

◆加工用NCデータ、製品の機構解析、強度解析、製品開発、製品試作等モノづくりのには3次元CADが必要不可欠。

◆3次元CADで描いた立体モデルを、ソフトウェア間のデータ変換で、ビットマップの形式にすることで サンプル資料や
パンフレットなどで利用が可能になります。

<例> レリーフのモデルを3次元CAD化     CAD/CAMでデータを作成 NCで切削
レリーフ nc

<3D-CADリバースエンジニアリング>

3Dスキャンのカメラ
3Dの形状データ採取
3Dscan
3D-CAD作業
3D-CADモデリング
3D-CAD-data
3D切削加工
NC彫刻機で切削
NC-tyoukokuki
3Dモデル
木型・試作型・金型
3Dmodel