CAMとは

2014年 2月 4日

CAM-加工

CAMは、CADで設計した形状データと数値制御による加工機の間に入る中間システムで、NCプログラムを作成します。

 

◆CAMは、Computer Aided Manufacturingコンピュータ支援製造の略語です。

◆コンピュータによる支援システムのCADと数値制御で作動するNC機械、マシニングンセンターの中間に入るシステム。

◆CAMと数値制御機械の間のデータ形式は、Gコード(数字列)を利用します。

◆CADで作成された形状データを、加工用のNCプログラムを作成などコンピュータ上で行ないます。

◆CAMには、2次元CAMと3次元CAMがあります。

◆2次元CAMはXYの加工の道順データを作成、刃具のXY軌道で切抜き加工などのデータができます。

◆3次元CAMは、XYZの3軸連動の加工パス作成システムです。工業モデルや金型製作に利用されています。

◆銘板では、2次元CADと2次元CAMを利用して、パネル銘板やプラスチック加工、樹脂加工を行ないます。

 CADソフトウェア     CAMソフトウェア        数値制御機械(NC)
CAD作成・CAM作成NC機械-Z148

マシニングンセンター・・・機械に取付た様々な種類の刃物を回転して切削。工作物の取り付けを変えずに作業ができる工作機械。

工業モデル・・・新製品を量産する前に、実装やデザインのチェックの為に作る試作品。

NCプログラム・・・機械を動かすための命令コード。定められた形式に従って作成された数値情報によって工作機械各部の制御。