銘板

2017年 5月 31日

銘板は仕様や用途などの情報を分かりやすく表示する役目があります。分かりよくシンプル作成します。

情報を文字・記号、図形で確実に伝達できることが銘板のもつ役目であり、シンプルでより分かり易くする必要があります。銘板の素材はアクリル、アルミ、ステンレスなどの平板を使用します。加工方法は、彫刻・エッチング・腐食・印刷があります。

◆耐熱性と耐食性が強い銘板は、ステンレスエッチング、アルミエッチング、真鍮エッチングが適します。掘り込みの凸凹表示が高級の質感がある銘板になります。◆制御盤の銘板は、アクリル板に彫り込む方法が多品種少ロット適しています。◆グラフィックやカラフル銘板は、インクジェット方式を利用します、DIC(ディック)色の指定が可能です。◆銘板の製作方法は、機械彫刻方法、エッチング、腐蝕方法、紫外線(Ultra Violet)で瞬間的に硬化乾燥するUVインキを使用のインクジェット方法、オフセット印刷があります。

<彫刻銘板>
彫刻銘板は、パソコンと連動した数値制御機械やレーザ機械を使用して製作します。

<エッチング、腐蝕方式の銘板>
イラストレータで原稿をつくり、フイルムの原版作成、転写現像方式でステンレス、アルミ、真鍮の銘板を作成します。

アクリル
彫刻銘板
アルミ
彫刻銘板
ステンレス
エッチング銘板
真鍮
エッチング銘板
シール
印刷銘板

<トップページへ>